『機動警察パトレイバーon television』で初パトレイバー

警察官たちの日常を描いたロボットアニメ『機動警察パトレイバーon television』

『機動警察パトレイバー』って結構王道なロボットアニメかと思ってましたが、世界観にパトレイバーというロボットが出てくるけど、内容はほとんど警察官の日常を描いたドタバタ劇と言う感じで面白かった。作品の見方が変わりましたね。

泉 野明(いずみ のあ)と太田 功(おおた いさお)ふたりのレイバー乗りの対比が面白い。どっちも猪突猛進系だけど、ノアは格闘センスに優れているし、太田はすぐにリボルバーをぶっぱしたがる。このふたりを他のメンバーたちがサポートしていて、彼らの日常を覗き見るのが楽しいアニメでした。

押井守のイメージがつよい『機動警察パトレイバー』

『機動警察パトレイバー』といえば押井守のイメージですね。そして何かと千葉繁と一緒に仕事をしてる。なんか『紅い眼鏡/The Red Spectacles』のこと調べたせいで、押井守と千葉繁がコンビという認識になってきている。

声優陣が豪華すぎてうれしい『機動警察パトレーバー』

古川登志夫

篠原 遊馬(しのはら あすま)の声 を担当したのは 古川登志夫 です。昭和を代表する声優のひとり。『機動戦士ガンダム』のカイ・シデンの声が趣味全開的には一番好きです。その次が『うる星やつら』の諸星あたる。さらに『ドラゴンボールZ』のピッコロ(マジュニア)役としても有名。あと『One Piece』のエースなんかもやってます。遊馬の声はどちらかというと諸星あたるのようなコミカルな印象の声ですね。

冨永みーな

ノア役の 冨永みーな昭和から活躍している声優のひとりです。有名どころと『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-明神弥彦役や現在の磯野カツオの声を担当しています。そんな冨永みーなの声優デビューは『あらいぐまラスカル』(アリス・スティーブンソンで、子役時代に『ウルトラマンレオ』に出演していましたが、途中で降板、代わりに杉田かおるが出演しています。

大林隆介

後藤 喜一(ごとう きいち)声 を 大林隆介は『らんま1/2』で演じた天道早雲の印象が強いです。独特な抑揚が心地よい声の声優ですね。後藤隊長もそんな感じで真意を掴めないキャラクターをしています。劇中ではなんだかすごい人らしい描写がありますが、その実力はいつも隠しておりテレビシリーズでは隠されたままでした。

榊原良子

南雲 しのぶ(なぐも しのぶ)の声を担当した榊原良子ハマーン様の声でお馴染み。最高にかっこいい声です。しのぶさんは後藤隊長の同僚のような関係ですが、その間にはもっと特別な関係のような雰囲気が流れています。それが恋心なのか、ついに明かされることはありませんでした

千葉繁

シバ シゲオの声を担当したのは千葉繁です。千葉繁のために作られたキャラのような名前ですね。声についてはもう説明は不要。すっかり押井守と千葉繁がコンビであるようなイメージになってしまっています。

『機動警察パトレイバー』には他にも大塚明夫や山寺宏一、立木文彦、緒方賢一など豪華な声優人たちが端役として登場しています。

抱きしめて『MIDNIGHT BLUE』

エンディングの『MIDNIGHT BLUE』がお気に入りです。王道ロックな曲調と王道ブルースな歌詞が良いですね。最近の日本でロックバンドと名乗って活動している人たちの曲はロックと呼べないほど弱々しくて抑揚がないけど、ロックなリズムをきちんと刻んでいる曲だと思います。

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA