『神之塔 -Tower of God-』第3話感想!なぜそこにラヘルちゃんが?

第3話「正解の扉」

クンについては母親との関係性が彼のキャラクターに影響していそうだね。どんな過去があったのか気になるところ。

空がない設定が生きていたというか、空が伝説の存在になっているのがなんか不思議だな。空を信じない感覚ってどんな感じだろう。

ラヘルの行動が謎なのも今後の展開に関係あるのかな。なぜひとりで塔に登ろうとしたのだろう。そしてなぜヨルを置いて行ったのだろう。彼女の思惑も含めて、大きな謎がありそうだけど。

クンって一族の名前だったのか。なんで一族の名前で名乗ってるんだろう。捨てられたことに対する怒りが爆発したけど、このアゲロという少年の過去に何があったのか気になるぜ、すごく気になるぜ。なんか考えすぎるきらいがある気がする。

他人の次の試験の合格者は5分以内にクリアしているという言葉に迷わされて何か罠があると考えすぎているけど、5分以内にどの扉でもいいけど開けるのが正解って……そのまんまだったのかよw そしてそのヒントというかもう答えをくれたのが試験官の手先だったなんて。

クラウンゲーム

なんか始まった怪しげな特別試験。これに受かれば一発で塔に挑めるのか。王冠を持っている人は玉座から降りてはダメか。ピンチの仲間を信じて動かない勇気もしくは、仲間のために玉座を降りられる勇気を頼めされるゲームだね。これ他の第1試験で1チームしか残らなかったから、埋め合わせにやらされてる感じだよね。

トカゲちゃんいいなあ。強いし容赦ない。そして可愛い。さらに固い。加えてわがまま。最高だね。

そして第1試験1チームだけ突破者の中にラヘルがいる模様。なぜヨルより先に塔に入ったのに、ヨルよりあとの試験に参加していたんだろう。外の世界と時間の流れが違う的な? ばらばらに入ったことにより、ばらばらの時間の流れに入っちゃったってことかな。

『神之塔 -Tower of God-』第3話「正解の扉」まとめの感想

全チームが入り乱れるクラウンゲームで面白くなってきたアニメ『神之塔 -Tower of God-』ですが、ラヘルの参入によりさらに面白くなりそうですね。彼女の思惑とはなにか、そしてふたりは一緒に歩めるのか。気になるところです。

設定というか名称だけ見えておいてそのまま放置が多いので、謎が残されすぎているのも気になってしまう所以だね。文句があるとすれば、扉の試験で不合格者の末路を見せてくれなかったこと。キャラクターたちのうわあな反応だけ見せられても、気になって眠れないじゃないか!

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA