【まちカドまぞく】シャミ子(吉田優子)の魅力!まぞくな主人公がポンコツかわいい?

突然まぞくになっちゃった普通の女子高生シャミ子(吉田優子)とは?

【まちカドまぞく】のシャミ子は元々は普通の女子高生でした。人間である時の名前は吉田優子です。夢にまぞくのご先祖様が出てきて神託を与えられます。その夢から目覚めるとまぞくになっていました

女子高生の吉田優子はもともと茶色の髪と瞳が特徴的なかわいい見た目でした。それがまぞくとして目覚めることでかわいいチャームポイントを得ました。角と尻尾が生えたのです。まさに萌えポイント。

まぞくになった吉田優子はまぞくの敵である魔法少女を倒すという使命を課せられてしまいます。不幸にも選ばれてしまったのです。お人好しな吉田優子はまぞく名をシャミ子として活動し始めます。まぞくとして強大な力を得たかと思いきや、一族が受けた面白い呪いと生まれつき病弱なのが祟ってぽんこつ弱いままでした。そんな不遇さも含めて【まちカドまぞく】シャミ子はぽんこつかわいいです。

【まちカドまぞく】吉田優子(シャミ子)の基本的なプロフィール

まぞくの力に目覚めてシャミ子となる【まちカドまぞく】吉田優子は桜ヶ丘高等学校に通う1年生です。部活は帰宅部ですが、委員会は保健委員をやっています。まぞくになる前もぽんこつだったので、友達からはアホの子と思われていました。勉強も運動も苦手で、理系の点数が壊滅的です。

吉田優子の誕生日は9月28日です。血液型はO型。身長は145cmで、魔法少女でライバルの千代田桃より頭1つ分小さいです。

家族はボロアパートに母と妹と住んでおり、父親は蒸発していません。まぞくである吉田家は魔法少女から呪いを受けており、苦しい生活を強いられています。そんな吉田優子はある日まぞくとなり、シャミ子を名乗るようになしました。

【まちカドまぞく】シャミ子のCVを担当した声優は小原好美

アニメ版【まちカドまぞく】でシャミ子こと吉田優子のCVを担当したのは声優の小原好美です。かわいい声でハイテンションにあたふたするシャミ子の声の演技が作品全体に味を出しています。アニメのスピード感も小原好美による貢献ですね。

小原好美の知名度を上げたのはリメイク版『魔法陣グルグル』です。小原はこの名作のリメイクでククリ役を演じました。それ以来、多くのメインキャラを演じるようになります。

小原好美が演じるキャラクターは基本的にかわいい少女の声の持ち主です。『あそびあそばせ』の野村香純のような優等生キャラを演じています。と思いきや、野村香純は一風変わった癖をもっているキャラでした。こちらもハイテンションな演技でしたね。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力1:ぽんこつかわいい普通の女子高生

【まちカドまぞく】シャミ子はまぞくとしての血に目覚める前は吉田優子という名前の普通のかわいい女子高生でした。普通と言っても勉強ができない女の子です。現実にも勉強はからっきしな女の子もいるので、普通に良くあるキャラクター設定ですよね。

吉田優子は幼い頃から体が弱く、運動も苦手です。勉強も運動もできない、いわゆるぽんこつ。ライバル役の千代田桃が強キャラゆえに対比になっており、シャミ子のぽんこつぷりが強調されていて面白いです。桃シャミは最強の百合コンビですね。

千代田桃に助けられるほど実力差があるのに、シャミ子は律儀にまぞくとしての務めを果たそうと魔法少女に果敢に挑むので、ボロ負けする日々です。それがギャグになっていて、ほのぼのしているためシャミ子含めて【まちカドまぞく】という作品全体の魅力になっています。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力2:目覚めちゃったまぞくの血

そんな普通のぽんこつ女子高生だった吉田優子がある朝まぞくとしての血に目覚めることで【まちカドまぞく】はスタートしています。優子の一族は光を司る魔法少女とたちとの戦いの日々を送っていました。その戦いに負けたご先祖様は運とパワーを封印されていたのです。

そしてそんな昔のまぞくの血が普通の女子高生をしていた吉田優子の血の中で目覚めます。そしてご先祖様が悲願する魔法少女打倒の運命を背負うことになってしまったのです。そして吉田優子は自分の体の変化に驚かされることになります。

まぞく特有の角と尻尾が生えてきたのです。吉田優子はこの体の変化と、ときおり具象化してくるご先祖様のリリスと付き合って生きて聞かなければならなくなりました。元々ぽんこつだった吉田優子のドタバタ劇が【まちカドまぞく】の魅力です。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力3:角と尻尾が萌えポイント

吉田優子がまぞくとして目覚めた朝に生えてきた角と尻尾がかわいくて萌えポイントになっています。吉田優子はナレーションベースで自分のことを普通の女子高生として紹介していましたが、角と尻尾が生えている女子高生は普通ではないです。

まぞくということで羊をイメージしたくるんとなっている角がかわいくて、萌えになっています。お尻から生えた尻尾が微妙に性的でかわいいですね。その尻尾の動きで友人から感情を簡単に読み取られてしまうのもかわいいです。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力4:まぞくとして課せられた使命と呪い

まぞくとなった【まちカドまぞく】シャミ子はまぞくとしての使命を課せられます。それは魔法少女を倒すこと。シャミ子の一族は太古より、魔法少女たちとの戦いを繰り広げられていました。

長い戦いの末に、まぞくは呪いをかけられてしまいます。それが「家族4人で月4万生活の呪い」です。強制的に極貧生活を強いられる厄介な呪いでした。臨時収入を得ようものならあの手この手で呪いに奪われてしまいます。

そのため、打倒魔法少女は一族の、シャミ子の悲願なのです。なにせ呪いが少しでも緩和されれば、ファミレスに行き放題頼み放題になり、背も少し伸びるのですから。ツッコミどころの多い設定が【まちカドまぞく】シャミ子の魅力です。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力5:シャミ子を名乗る

ある朝、夢でご先祖様リリスからのお告げをもらいまぞくとしての血に目覚めた吉田優子ですが、まぞくとしての活動名を決めなければなりませんでした。母親の清子が出した候補が「仮面X(かめっくす)」や「闇照澪子(やんでれこ)」、「十五夜(ゆたか)」です。

まるでボケのような珍名のすべてを拒否しようとした吉田優子ですが、清子は勝手に候補の中にあったシャドウミストレス優子の名で暗黒役所に申請してしまいました。ぽんこつまぞくシャドウミストレス優子の誕生です。

さらにシャドウミストレス優子は魔法少女の千代田桃相手に自己紹介するとき、「シャミ……シャドウミストレス優子」と噛んでしまいます。そのことを桃がイジり、シャミ子と呼ばれるようになってしまいました。なんともぽんこつなシャミ子らしい、魅力的な名前の由来です。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力6:生まれつき体が弱くてぽんこつ

まぞくとしての力を得てシャミ子になった吉田優子に悪逆の限りを尽くせるものすごい力を手に入れた……かと思いきや、ぽんこつはぽんこつのままでした。頭の弱さは仕方がありませんが、シャミ子は幼い頃から体が弱かったのです。

まぞくの力を得たことでその病弱さは改善されていますが、それでも普通のことが普通にできないレベルを脱することはできませんでした。かわいそう、シャミ子。だけどそれがシャミ子の魅力でもあるし、面白さでもあるよね。

病弱だったときは入退院を繰り返し、呼吸器系の問題もあって、走ることすら禁止されていました。そんなシャミ子がまぞくとして目覚めて、少しだけ元気になっている姿が微笑ましいですね。病弱キャラってなんかかわいい魅力にあふれているような気がします。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力7:家族が自由過ぎる

シャミ子の家族は極貧生活を強いられていますが、吉田家一同がポジティブすぎて面白いです。月4万で強制的に生活しなければならない呪いにかかっているのに、楽しそうでなによりですよね。

母の清子はおっとりした性格で、大したことですら動揺しません。娘に角と尻尾が生えたときにも、ついにその時がきたとまるで日常生活を報告するようなテンションで娘に課せられたまぞくとしての呪いについて淡々と語っていました

妹の良子も変わっていて、姉の変化に少し驚いただけで、あとはまぞくとしてシャミ子が成長していく応援をしています。闇の一族の末裔をやみまつと略すなど、独特な感性を持っていてかわいいです。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力8:戦闘センスなさすぎてぽんこつ

まぞくとしての特徴がもうその角と尻尾にしかないと言っても過言ではないくらい、【まちカドまぞく】シャミ子は戦闘ができません。それなのに脳筋魔法少女の千代田桃に果敢に挑むほど目まぐるしい努力をしています。

が、ぽんこつです。まぞくとしての能力がわからず、敵をぽこすか殴るだけのへなちょこパンチしかできていませんでした。千代田桃から飛び道具の手ほどきをしてもらいますが、まりょくに関するセンスは皆無です。

自宅で訓練していると母親の清子にすら才能を否定されてしまうほど。戦闘においても日常生活においても千代田桃に敗北するシャミ子は「これで勝ったと思うなよ!」のぽんこつかわいい名言を吐き捨てて逃げていきます。かわいすぎます。

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力9:官能的な危機管理フォーム

まぞくである【まちカドまぞく】シャミ子も魔法少女と同様に変身できるようになりました。千代田桃がいつでも0.0100秒という瞬時に変身できるのに対し、シャミ子は本当に危機的状況にならなければ変身できません。

その名も危機管理フォーム。ご先祖様の手作りユニフォームです。ただこの危機管理フォームというのがまぞくらしい背徳感あふれる官能的なユニフォームでした。ナイス、ご先祖様。

シャミ子が「危機管理フォーム!」と叫ぶことによって、胸を強調したへそ出しルックへと変貌します。能力はちょっとだけ身体能力が上がるということ。これで人と同じような運動ができます。

始めは露出度を嫌がっていたシャミ子も2階に上がるために危機管理フォームを使うようになりました。自由に使えるようになったことを良いように乱用していますが、官能的な危機管理フォームが見られるなら、ナイスです!

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力10:失踪した父親の真実

シャミ子にはヨシュア(吉田太郎)という名前の父親がいました。いまは蒸発しています。清子は「原子力潜水空母でイカ釣り漁に行ったきり帰ってこない」とか「宇宙戦艦に乗って空気清浄機の買い付けに行っている」という明らかな嘘を教えていました。

そんな話を信じていたシャミ子がぽんこつかわいい。千代田桃にまでツッコミを入れられているし。そして失踪した父親の真実というのが、家に置いてあるみかん箱の中に封印されているということでした。

さらに驚愕の真実というのがヨシュアを封印したのが千代田桃の姉である千代田桜であるということでした。アニメ版の佳境に入って、【まちカドまぞく】の作風に影が出てきましてね。まあ当の吉田家はそんな悲しい過去を前にのほほんとしていますが。そののほほんさがシャミ子の魅力です。

 

【まちカドまぞく】シャミ子の魅力11:深まった千代田桃との百合な絆

シャミ子の父親失踪の真実に対して一番ショックを受けたのはシャミ子ではなく、千代田桃です。育ててくれた義理の姉が親友になれたシャミ子の父親を封印してしまったというのだからいたたまれないのでしょう。

千代田桃はシャミ子の前から姿を消そうとしますが、それをシャミ子が許すはずがありません。もう仲良くできないという桃に対して、シャミ子は桃に自分の眷属になることを持ち掛けます。

闇堕ちの提案がシャミ子自身の言葉だと知って嬉しそうにする桃。百合百合でかわいい。しかし魔力のリンク先がシャミ子になるということは桃の力がそれに合わせて弱くなるという事実が発覚しました。

ということで桃の闇堕ちプロジェクトは保留となってしまいましたが、シャミ子が父親を探しながら魔法少女として千代田桃が護衛するという形で2人の関係はまとまりました。趣味全開見聞録の一番推しの百合カップルの継続は最高です。

これまでのスクールライフで百合としての絆を千代田桃と深めてきたシャミ子。最初は敵同士で、「これで勝ったと思うなよ!」とライバル心を燃やしていました。それが千代田桃に何度も助けられることによって絆に変わっています。

シャミ子が千代田桃に彼氏面したり、私生活がぐーたらな桃をシャミ子が彼女のように家庭的につくしたりと最高の百合カップル。その絆が深まったところで、【まちカドまぞく】の第2期が楽しみです。

【まちカドまぞく】シャミ子のぽんこつ百合百合スクールライフ

普通の女子高生だった吉田優子がまぞくとしての血に目覚めたのが【まちカドまぞく】シャミ子です。シャミ子は非常に弱く、まぞくになっても普通の人間より弱いというのが面白いです。

そんななので【まちカドまぞく】シャミ子はライバルの魔法少女である千代田桃に勝てません。そんなこんなでいつしかシャミ子は千代田桃とほのぼのスクールライフを送ってしまいました。

加えてシャミ子は千代田桃と百合な展開を発展させていきます。もう彼氏面したり、桃のことを諦めなかったり、桃のことが大好きです。そんなシャミ子と桃の百合なスクールライフが【まちカドまぞく】の魅力でお勧めです!

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA