【エウレカセブン】イカしちゃってるgirlアネモネについての趣味全開見聞録

『交響詩篇エウレカセブン』イカれ系乙女のアネモネ

アネモネは『交響詩篇エウレカセブン』に登場する女性キャラクターで、ヒロインであるエウレカの敵役として登場するしました。悪役にふさわしい相当な病みっぷりが魅力的で、圧倒的な存在感を見せつけてくれるのがたまらないです。

エウレカからヒロインの座を奪うのではないかと思われるほどの勢いがあるのではないでしょうか。さらに作中では戦闘以外での苦悩する部分も垣間見え、可愛さアピールにも余念がありません。敵ながらもどこか応援してしまいたくなるような雰囲気をがあり、第2のヒロインと言っても過言ではないと思います。

ピンク色の長い髪と切れ長の目が特徴的で、悪戯っ子のような魅惑的で可愛い容姿をした女の子です。性格は攻的で不安定になっています。常軌を逸したような言動が目立ちますが、それもこれも怪しい薬のせい。不安定な精神ゆえに急に大人しくなったり、何かに怯えるようなそぶりをみせます。

そんな姿はなんだかちょっぴり可愛いですが、それ以上に可哀想になってきます。アネモネは病みキャラですが、それ以上に乙女なのです。敵ながらに苦悩をみせる『交響詩篇エウレカセブン』のアネモネはヒロインのエウレカよりも好きかもしれません。

『交響詩篇エウレカセブン』でアネモネの声を担当した声優は小清水亜美

アネモネ役の小清水亜美は11歳の頃から劇団若草に子役として所属していました。背悠デビューは2003年で、『明日のナージャ』で主役に抜擢されています。レントン役を務めた三瓶由布子とは劇団若草時代からの友人でした。2009年にはふたりでユニット「±(ぷら)ふぃに」を結成しています。

演じた代表キャラクターは『ペルソナ4』の天城雪子や、『スイートプリキュア♪』の北条響(キュアメロディ)です。小清水亜美は『咲-Saki-』の原村和役など巨乳でおっとりした役柄のイメージがありますが、クールで気の強い声も演じることができます。本作のアネモネ役などはまさにそうですね。気が強く攻撃的ですが、その内側でナイーブさも持ち合わせています。さらに心の闇とたまにみせる暴走とで、彼女の体当たり演技を楽しむことができるのも魅力です。

『交響詩篇エウレカセブン』アネモネの趣味全開見聞録:乗り込む機体は黒いニルヴァーシュ⁉

アネモネエウレカとの初対面は衝撃的でした。何が衝撃的かって、あの性格をしているものだから、やばいやつがやって来たという感じだったんです。しかもアネモネが登場していたのは黒い機体のジ・エンド。漆黒に身を包んだその姿は攻撃的で、あらゆる剣呑な装備を兼ね備えていました。ホーミングレーザーな武器はすごくカッコいいです。攻撃的なデザインも衝撃的です。

ジ・エンドは搭乗者の精神を汚染するという危険もはらんでおり、その搭乗者が女の子というだけでもかなりの衝撃だったのではないでしょうか。しかしエウレカにとってジ・エンドに対する驚きは別のところにありました。

アネモネのジ・エンドがニルヴァーシュと酷似していたからです。その姿はまるで凶悪版ニルヴァーシュといったところ。アネモネの機体はヒロインのエウレカを追い詰めていき、悪役として不動の地位を築くことになります。攻撃的な性格になり、危険な香りを放つ台詞が多くなるのも魅力のひとつです。

『交響詩篇エウレカセブン』アネモネの趣味全開見聞録:従順社畜すぎるヒロイン

搭乗者の精神を削るジ・エンドに登場するためには、アネモネに投薬を強いることが必要不可欠です。アネモネにとってもジ・エンドは負担であり、このジ・エンドに乗ることをアネモネは極端に嫌っています。

しかしひとたび薬を投与してしまうと、アネモネは従順社畜生となり、素直に言うことを聞いてしまいます。というより自ら率先してジ・エンドに乗りこもうとしてしまうのです。アネモネは恐ろしくも悲しい社畜という運命にあります。

『交響詩篇エウレカセブン』アネモネの趣味全開見聞録:エウレカとの熱い戦い!

アネモネはアゲハ隊に所属しています。これは知的生命体であるコーラリアンを敵として殲滅しよるデューイ・ノヴァクによって率いられた部隊です。そのコーラリアンを友として共存を望むゲッコーステイトとは対立関係にあります。

つまりエウレカがゲッコーステイトのヒロインパイロットであるならば、アネモネはアゲハ隊のヒロインパイロットなのです。そしてこのふたりのヒロインは頻繁に対立することになります。アネモネは単なる悪役だけではなくて、エウレカのライバルでもあるのです。

その激しい戦いのためアネモネは悪役としての印象がかなり強いですね。なのでエウレカもアネモネとの戦いは必然的に激しくなります。それはまさに生き残りをかけた戦いのよう。アネモネという存在が『交響詩篇エウレカセブン』の戦い全体を盛り上げてくれるのです。

『交響詩篇エウレカセブン』アネモネの趣味全開見聞録:エウレカと交わる出生の秘密

アネモネとエウレカのふたりには外見的特徴に共通点があります。ふたりとも金色の首輪をつけていますね。特徴的な瞳の色も一緒です。エウレカもアネモネも紫がかった瞳の色をしています。

この共通点はアネモネとエウレカとの間には因縁ともいうべき繋がりがあるのが理由です。そのつながりは2人の出生の秘密まで遡ります。エウレカは知的生命体であるコーラリアンが同じ地球に住む人間を理解するために、人間の形をコピーして作られました。つまりコーラリアンです。

アネモネはデューイ大佐が推し進めているアゲハ構想のために、エウレカの代わりとして作り上げられた人型コーラリアンだったのです。自分がエウレカのコピーであることをアネモネは知っており、エウレカには強いコンプレックスを感じています。そのためエウレカとはいつも激しい戦いになり、そこが面白いです。

『交響詩篇エウレカセブン』アネモネの趣味全開見聞録:アネモネを乙女にするドミニクという存在

アネモネは攻撃的な性格とぶっとんだ言動とで恐ろしい悪役のイメージがすごく強いです。とくに恨みや憎しみが原動力のように感じられます。しかしその精神不安定さの由縁に投薬や、外部からの感情データの流入などがあり、仕方がないです。そしてジ・エンドによる精神汚染など可哀想な影響かにあります。

そんな激しい性格のアネモネですが、エウレカの感情データも取り入れられているため、根っこには優しい気持ちも持ち合わせたキャラクターです。世話役のドミニクとの交流で描かれています。最初のほうではアネモネはドミニクに八つ当たりのように接していて酷かったです。

しかしドミニクが苦悩するアネモネを見ながら懸命に接していくなかで、ふたりに特別な感情が芽生えます。最後にはドミニクに対して愛情とも取れる優しい言葉を投げかけるようになりました。ハッピーエンドです。

『交響詩篇エウレカセブン』アネモネの趣味全開見聞録:可愛いペットのガリバー

病的に攻撃的で怖い印象が先に来てしまうアネモネですが、ペットとして飼われているガリバーもかなり印象の強いキャラクターです。いつもアネモネにべったりとくっついており、あまり動くこともせず、ぐーたらな行動が目立ちます。とにかく可愛い動物で、アネモネの可愛さを引き立ててくれます。

謎に包まれたガリバーで公式に発表されているデータによるとこの動物はモラー目モラー科に属する動物です。全身が白く、に似たのような風貌で、顔や足など毛におおわれていない場所は黒色をしています。気に入らない人に抱っこされると、体重が重くなる性質を持ってます。謎ですが面白いです。

何もかもが衝撃的なイカしちゃってるgirl【エウレカセブン】のアネモネ

黒くておっかない機体に乗って、「脳みそ溶けちゃえ」とおっかない言葉を発しながら現れたアネモネ。『交響詩篇エウレカセブン』の悪役はヒロインであるエウレカと対になる裏のヒロインです。薬の投与と精神汚染を除去してやれば、可愛い乙女が姿を現します。

しかし敵としてのアネモネも病的で攻撃的な言動に可愛さと魅力があふれていて不思議です。その反面でひとしらず悩んで苦しむ姿は抱きしめたくなるような愛らしさもあります。とっても気になる女の子はその出生に悲しい秘密を持ち、全力で生きた普通の女の子でした。アネモネはその数奇な人生においてイカしちゃってるgirlです。

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA