【エウレカセブン】異種族しちゃってるgirlエウレカの不思議な魅力!感情が芽生えて恋する姿がかわいい?

目次

エウレカが活躍するアニメ『交響詩篇エウレカセブン』って何?

ボーイ・ミーツ・ガールな成長を描いた『交響詩篇エウレカセブン』

『交響詩篇エウレカセブン』といえば株式会社ボンズが制作したSFロボットアニメですね。放送期間は2005年の春期から翌年の冬期まで。TBS系列で全50話が放映されていました。メディアミックス作品でアニメだけでなく漫画やゲームにノベライズなど『Project EUREKA』の一環として制作されています。『交響詩篇エウレカセブン』の世界観には『新世紀エヴァンゲリオン』のオマージュが散りばめられていて良いですね。重要な役割を担うスカブ・コーラルの謎っていうのが、なぜ襲ってくるのかわからない使徒のよう。少年の出会いと成長を描いたボーイ・ミーツ・ガール的作品で、その中で行われるエウレカの成長がかわいい

『交響詩篇エウレカセブン』のストーリーってどんなの?

『交響詩篇エウレカセブン』のストーリーは英雄を父親に持つレントン・サーストンが祖父のもとで育てられている田舎町で悶々と暮らしているところから始まります。そこでニルヴァーシュと呼ばれる不思議なロボットを操縦する不思議な少女エウレカに出会うんです。不思議な憂いを称えたその少女にレントンがすぐに惹かれるのは当然のことだよね。そんなエウレカは世界の命運を分ける秘密を抱えており、普通の人間として振る舞いながらも人間ではない自分のアイデンティティーを探している姿が健気です。そしてレントンとの出会いで変わっていく自分に気がつくエウレカの姿が可愛い!

魅力的なエウレカが存在する『交響詩篇エウレカセブン』の魅力

『交響詩篇エウレカセブン』の魅力を2つに分けてみた。1つはロボットアニメとして独自のSF的世界観を持っているということだよね。世界はスカブ・コーラルという巨大な珊瑚群に地表がおおわれている不思議な世界。トラパーと呼ばれる粒子によりサーフィンのように空中を漂うことができるなど、SFながらファンタジーの世界観を持っているよね。それだけでお腹いっぱい!。もう1つガキが大人の階段を登っていく成長アニメだということ。『交響詩篇エウレカセブン』の世界にはホランドというガキみたいな大人がいますが、レントンも年相応のガキっぷりをみせます。そしてエウレカはどこか感情に欠如しているんだけど、レントンに出会ったことで芽生えた感情に戸惑いながら成長をしていく様子が健気でかわいいんだ!

【エウレカセブン】の異種族なヒロインのエウレカって?

【エウレカセブン】エウレカとはその名をタイトルに冠するアニメ『交響詩篇エウレカセブン』に登場するヒロインですよ、もちろん。物語の主人公のレントン・サーストンの相手役。それと同時に物語の中核を担っているだけでなく物語や世界の鍵を握る重要な人物としての役割もある、レントンとのダブル主人公となっています。そんな不思議少女エウレカはゲッコーステイトに所属していて、ニルヴァーシュと呼ばれる不思議ロボットのパイロットです。すぐに壊れてしまいそうな危うさを持ちながら、誰よりもニルヴァーシュのことを理解しているエウレカはかわいいしかっこいいね。戦争孤児である3人の子供の面倒を見ていてママと呼ばれ慕われている姿に母性を感じてしまう。何かも素敵な女の子!主人公であるレントンと同様に作中で大きな成長を見せるんだけど、容姿も大きく変わっていくのは必見!

【エウレカセブン】エウレカは声優の名塚佳織の声がかわいい

エウレカの声を担当した名塚佳織はかわいい声でお馴染みの人気声優です。名塚佳織は小学生時代から子役として活躍していて、1999年に『おじゃる丸』の端役で声優としてデビューしています。同年には『今、そこにいる僕』のララ・ルゥ役で初めてヒロインの役を射止めました。すごい! それからは次々とアニメの世界に登場して、一躍人気声優に個人的な名塚佳織との出会いは『ギャグマンガ日和』。それも最初に観たやつが「死んだ私は太陽にほえる」。死に際の言葉を修正すべく死神にしばしの生き返りを要求する面白い話です。「もう1回、もう1回」の掛け声がかわいかった名塚佳織の声ってとにかくかわいいよね。エウレカの可愛いくて純真なヒロイン像にぴったりな声で命を吹きこんでくれて嬉しい。ふだんは大人しいタイプのエウレカだけど、たまに楽しそうはしゃぐ声がかわいくて良い。その他にも泣いたり怒ったりの悩んだりと色々な感情の声をエウレカは楽しませてくれるから好き。

【エウレカセブン】エウレカとレントンとの出会いと物語の始動

田舎での退屈な日々に鬱蒼としているレントンの元に落ちて来たエウレカとの出会いは不思議の連続! 『交響詩篇エウレカセブン』の不思議な世界観を象徴していて面白い。そこからレントンを巻き込んで行くんだけど、レントンをひとめ惚れさせたエウレカはレントンの人生を変えさせたできごとの象徴になっていると思う。それだけエウレカはかわいいし、不思議な存在感を放っている少女だっていうことだよね。エウレカが謎めいているのは、エウレカはゲッコーステイトという組織に属し、反逆者として軍に戦いを挑んでいることにも関係している。エウレカがどうしてゲッコーステイトと一緒に軍と戦っているのか謎なんだよね。それでレントンにとってエウレカは守りたい存在になるんだけど、なぜだかエウレカと一緒にニルヴァーシュを起動できるようになったことで、レントンにとってエウレカが特別な存在になっている点はボーイ・ミーツ・ガールにおいての恋愛要素にもなっていて面白い。

世界をおおうスカブ・コーラルの重要の鍵となる【エウレカセブン】エウレカ

【エウレカセブン】の世界はスカブ・コーラルと呼ばれる珊瑚状の何かにおおわれています。世界がこの珊瑚礁を敵として認めるなか、ゲッコーステイトはこれを知的生命たちと認識していました。それゆえにゲッコーステイトはスカブ・コーラルとのコンタクトを取ろうとしています。ホランドたちとの会話でレントンはエウレカがそのコーラリアンとコンタクトを取るために重要な鍵だということを知りました。エウレカはヒロインとしてだけでなくキーパーソン的な位置にあり、不思議と謎を秘めた女の子という魅力であふれています。

レントンの日常を変えた【エウレカセブン】エウレカ

退屈な日常を抜け出したレントンにとってエウレカがそこにいるだけでなく、ゲッコーステイトでの戦いが刺激的でした。とにかく好きな女の子とニルヴァーシュという絆を共有していることがレントンを大きくしていました。しかしゲッコーステイトが軍と戦争をしていること、エウレカが戦争に加担していること、そして自分もその戦争で“人間”を殺してしまっているという現実を突然実感するようになります。そしてエウレカも含めてゲッコーステイトのメンバーが戦争だと割り切っていることに対してレントンは憤りを感じ、ホランドとぶつかり合うなかでエウレカとも険悪になっていきました。ゲッコーステイトの中で2転3転するレントンの日常を変えた張本人がエウレカであり、レントンにとってもゲッコーステイトにとっても重要な不思議な女の子です。

【エウレカセブン】エウレカとレントンとの深まる絆

ニルヴァーシュを駆るパートナーとして選ばれたエウレカとレントンだけど、レントンがメンバーとの確執でギクシャクしたり、エウレカ自身がニルヴァーシュとうまくいかずに悩んだりと、お互いの距離が離れる時期があります。さらにはレントンがゲッコーステイトから家出してしまったことにより、二人の関係が悪化してしまいました。離れている間にチャールズとレイのビームス夫妻と出会い、エウレカに対する自分の気持ちを再確認できたレントン。エウレカもレントンがいなくなったことにより、レントンに対する気持ちに気づきます。しかしそれが恋だと知らずに困惑するエウレカがかわいいです。レントンが帰ってくると、エウレカはわかりやすいほど喜びました。そしてふたりの距離はぐんと縮まりました。このあたりのふたりの反応が初々しくてかわいい。だけどそれは新たな戦いの始まりで……

【エウレカセブン】エウレカの元ネタは綾波レイ? 魅力とその驚愕の正体…

『交響詩篇エウレカセブン』にみる『新世紀エヴァンゲリオン』へのオマージュ

『交響詩篇エウレカセブン』の端々には『新世紀エヴァンゲリオン』へのオマージュを見てとることができます。ロボットのデザインの手足が細く、まるで巨大な人造人間に見えるのがその代表ではないでしょうか。世界観というか散りばめられた伏線が似ていますよね、そのほとんどの用語が回収されずに謎のまま残っているのも。『新世紀エヴァンゲリオン』では謎に襲ってくる使徒との交戦が描かれていますが、『交響詩篇エウレカセブン』では謎の生命体コーラリアンとの交流が描かれているところが相違点かな。エウレカと綾波レイにも共通点があって似ているよね。ふたりの髪型は同じようなショートカットで似ていて、色も綾波が水色で、エウレカも青竹色とイメージカラーが近い感じ。性格はどちらも大人しいですが、エウレカの方が人懐っこく可愛らしさが増しています。あと感情の成長もエウレカの方が大きいですね。

【エウレカセブン】エウレカ驚愕の正体

エウレカと綾波レイとの間にある共通点について語りましたが、もうひとつの共通点があります。どちらのヒロインにも驚愕の秘密と正体があることです。『新世紀エヴァンゲリオン』では碇シンジの母親が起動実験中にエヴァに取り込まれてしまいます。その母親であるユイの遺伝子をコピーして産まれたのが綾波レイです。『交響詩篇エウレカセブン』ではコーラリアンが人類と接触するために人間に似せたコピーを作りました。それがエウレカです。つまりエウレカはコーラリアンということになります。『新世紀エヴァンゲリオン』では綾波が人類補完計画の要となっているのと同様に、『交響詩篇エウレカセブン』でもエウレカはコーラリアンとコンタクトを図るのに重要な存在です。『交響詩篇エウレカセブン』の場合は『新世紀エヴァンゲリオン』と違って、レントンがエウレカの正体に戸惑いつつも、一緒に苦難を乗り越えて絆を深めていく物語は面白いです。

【エウレカセブン】エウレカは最強最古のLFOニルヴァーシュの乗り手

【エウレカセブン】エウレカが駆るのはニルヴァーシュと呼ばれる最強最古のLFOです。もうこの字面だけでかっこいいよね。しかも軍はこのニルヴァーシュを追っていれエウレカの機体に特別感が出てきて物語の展開にもわくわくできるのが不思議

エウレカのニルヴァーシュは変形もできて、戦場ではひときわその強さを発揮していてかっこいい。しかもアミダドライブを挿入することにより、周りの大地を消滅させてしまうほどのセブンスウェル現象を引き起こすのも厨二心をくすぐられていい。けど恐ろしい力ゆえに使ってはいけない禁忌といのが玉に瑕だけど。

ニルヴァーシュtype ZERO spec1

出土したニルヴァーシュtype ZEROをそのまま使用するspec1は重火器は持っておらず、2本のブーメラン型のナイフで戦います。他のLFOと同じように専用のリフボードで、トラパーに乗って空中滑降で高速に動き敵機を翻弄する戦い方が特徴的です。エウレカの淀みない操作によってカットバックドロップターンを見せてくれます。ニルヴァーシュは「エウレカとその対となる存在を乗せ、真の約束の地へと運ぶ舟」という役割がある存在です。コックピットには座席が2つあります。もう一つの席にレントンが選ばれました。アミタドライブが反応すると周りを焦土に変えてしまう「セブンスウェル」という恐ろしい現象を引き起す機能を有しています。

ニルヴァーシュtype ZERO spec2

エウレカがレントンというパートナーを得て、エウレカの心に変化が生じたためニルヴァーシュは変化します。そのため、アーキタイプの体格にこれまでの装備が合わなくなったので、新たな装備が開発されました。それがニルヴァーシュtype ZERO spec2です。ニルヴァーシュはspec2になることによって戦闘機型に変形する高速飛行形態を手に入れました。コックピットは広くなり、座席が隣り合っているためエウレカはレントンと直接会話ができるようになっています。セブンスウェルを武器化したセブンスペクトラムという技で、敵のFLOの活動を停止させることが出来るようになりました。

ニルヴァーシュtype ZERO spec3

スカブコーラルに飲み込まれたエウレカを助けたいというレントンの想いに呼応して進化したニルヴァーシュの最終形態がspec3です。破損したspec2の装備をアーキタイプ自身が取り込む形でニルヴァーシュは姿を変えました。そのためデザインがアーキタイプに近いきわめて有機的な曲線持っています。さらには強さを象徴するかのように巨体にもなりました。ニルヴァーシュtype ZERO spec3には大口径トラパルザー砲という強大な兵器が。威力も範囲も驚異的で、大群で襲いかかる抗体コーラリアンを一瞬で葬り去るという恐ろしい光景を見せてくれました。

【エウレカセブン】エウレカは3人の子供の所帯持ち?

『交響詩篇エウレカセブン』の物語の主軸はエウレカとレントンの恋愛劇です。衝撃的な出会いに恋が始り、エウレカとレントンとの間でニルヴァーシュという絆を得て、コーラリアンと人間との懸け橋としてふたりで苦難に乗りこえる決意します。コーラリアンのコピーであるエウレカがコーラリアンの代表となり、レントンが人間の代表として、ふたりで愛を育む中でエウレカは成長していきます。そして人類の運命を背負って愛の力で立ち向かっていく様には心打たれる演出です。いわば、救いのある『新世紀エヴァンゲリオン』。エウレカがレントンとの絆を育むための役割として、子供たちの存在も大きく関わりました。もちろんふたりの間の本当の子供ではありません。エウレカをママと慕う3人の子供たちは実はかつて戦争でエウレカに親を殺されてしまった悲しい過去を持っていたのです。劇中で初めて登場した時はエウレカ大好きな子供たちはエウレカにべったりで、新参者でエウレカの相手役のレントンを快く思っていませんでした。けれどもレントンが子供たちと仲良くなるにつれ、子供たちがレントンにエウレカとの絆を深める手助けをしてくれるようになったりと、ほっこりする小さいけれど大きな存在です。

【エウレカセブン】エウレカが迎える最後

【エウレカセブン】エウレカが物語の最後にどうなるかは放送媒体によって違います。劇場版の『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』ではエウレカはどちらかというと最期のような終わりを迎えました。物語の最後でエウレカは瀕死のレントンが生きる未来を選択するのと引き換えに記憶を失ってしまったからです。TV放送版の『交響詩篇エウレカセブン』のラストではエウレカはレントンと一緒に月に行きます。そして地球に残されたエウレカの子供たちはふたりの帰りを待っている演出で終わりを迎えました。

『エウレカセブンAO』でのエウレカの活躍

続編としてテレビ放送された『エウレカセブンAO』テレビシリーズ『交響詩篇エウレカセブン』の世界観を踏襲した直接の続編となっています。レントンとエウレカの子供が主人公です。フカイ・アオがニルヴァーシュを駆って世界とコーラリアンを襲う謎の生命体シークレットと戦う物語となっています。エウレカも登場します。ここでもエウレカは重要な存在です。『エウレカセブンAO』の世界は『交響詩篇エウレカセブン』でニルヴァーシュが悟りを開いたことにより、時間軸の移動が可能となった世界となっています。そのため人類とコンタクトを取ろうとしていたスカブ・コーラルが過去の世界に渡ってしまい、それを阻止すべくシークレットという抗体が生まれ、スカブ・バーストと呼ばれる大爆発を起こすようになっていました。エウレカはそのせいで時間軸をさまよう亡霊となってアオの前に現れ続けます。そんな母親をアオ追うことで親子のきずなが深まる物語となっているのです。前作に続いて親子で世界を守ると奮闘するエウレカの姿が見られます。またアダプトした子供たちではなく、実の息子と共闘するエウレカの姿が見られるのは感慨深いです。

【エウレカセブン】エウレカの髪型遍歴

レントンが出会ってひとめ惚れしたエウレカの髪型はショートカットでした。前髪は髪留めで右側に寄せられており、いわゆるおで娘と呼ばれるでこ出しスタイルになっています。この時のエウレカが一番可愛かった!スカブコーラルと同化しそうになったエウレカはまるで引きちぎられたかのようなベリーショートな髪型になってしまいました。額には結晶化の傷跡が! 不思議少女サクヤと接触することによって、髪の長さは元に戻りました。そしてレントンから髪飾りを渡されることででこ出しスタイルに戻りますが、額にはガレアン人のような結晶が埋め込まれた姿に最終的になっています。

時間軸の多い【エウレカセブン】でエウレカはどんな旅を見せてくれるのか!?

エウレカはレントンと『交響詩篇エウレカセブン』で出会い、人間らしくさへと成長していきます。世界とエウレカ自身の謎を解いていくと同時に、自分の想いをぶつげながら登場キャラクター全員が大人として成長していく姿が面白いです。その中でもエウレカはコーラリアンという人ならざる存在ながら人としての心をレントンと一緒に育んでいきます。その後『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』では別の世界線のエウレカたちの物語が描かれ、『エウレカセブンAO』では母親となったエウレカが時間を旅して活躍しました。そして現在は『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が進行中です。新たな世界線でのエウレカがどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA