【SSSS.GRIDMAN】メンヘラ可愛い新条アカネについて語る

「才色兼備才貌両全の最強女子!クラス全員に好かれるという奇跡みたいな女」新条アカネとは?

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ SSSS.GRIDMAN A (No.MT532)

新条アカネとは円谷プロの特撮ヒーロー『電光超人グリッドマン』を原作とした続編アニメ『SSSS.GRIDMAN』に登場する女性キャラクターです。主人公の響裕太と同クラスで、その人当たりの良さと頭の良さから男女ともに誰からも憧れられる魅力を持っています。

新条アカネは見た目からぐう可愛い! 『SSSS.GRIDMAN』は流石はTRIGGER制作と言えるほど女の子たちのデザインが可愛いです。その中でも新条アカネは群を抜いた可愛さがあります。制服のカーディガンを着崩す姿もたまりません。

声優はぶっ飛んだ演技が定着済みの上田麗奈

『SSSS.GRIDMAN』で新条アカネ役を演じたのは新人時代から何かと伝説を残している上田麗奈です。近年ではヤバいキャラを演じる声優としての地位が定着しつつあります。実力的に注目されている声優です。

最初に上田麗奈が話題になったアニメ作品は『てさぐれ!部活もの』です。そのアニメで上田麗奈は園田萌舞子をはじめとした園田18姉妹を演じました。しかも個性も声もすべてを演じ分けています。

また上田麗奈の声がヤバい演技として認知されるようになった作品は伊藤計劃原作で話題となったアニメ映画『ハーモニー』です。そこで上田麗奈は事件の首謀者である御冷ミァハ を演じて話題になりました。世界を終わらせようとするぶっ飛んだその演技が素晴らしかったからです。

誰にでも人懐っこい新条アカネの可愛さ

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ SSSS.GRIDMAN C (No.MT534)

ファンを一目で惚れさせた新条アカネの可愛さは何といってもその人懐っこさでしょう。ご飯を忘れた主人公にスペシャルドッグを上げちゃうあたり、女神さまです。そして屈託のない笑顔に癒された人も多いのでは?

元気っ子という感じの喋り方もまた、食事に誘う時に「一緒に食べる?」と聞くのではなく、それを大前提に「どこで食べるの?」という質問が口をついて出ちゃうあたり、可愛すぎます。

「なんの話?知りたい知りたい」とはしゃいで同じ語句を繰り返すのも子供っぽくて可愛いです。とにかく元気で明るく人懐こい可愛さをこの『SSSS.GRIDMAN』に登場する新条アカネという女性キャラクターは持っています。

ここからはネタバレあり

明かされる新条アカネの意外な正体

元ネタの『電光超人グリッドマン』では最初から正体の明かされていた悪役・藤堂武史くん。続編リメイクアニメである『SSSS.GRIDMAN』でも第2話という早い段階から悪役の正体が明かされていましたね。

それがあの人懐こい元気っ子だった新条アカネ! しかもその正体バレは藤堂武史くんばりの沸点の低さでもって視聴者やファンたちに明かされました。ぶつかってきた先生が謝りもしなかっただけで、この世の終わり的な恨み顔を披露するほど、ツッコミどころ満載な沸点の低さ。

前回の『電光超人グリッドマン』では藤堂武史が根暗過ぎただけに、今度の敵役はこうきたかと意外に思うほど、『SSSS.GRIDMAN』の新条アカネは真逆の性格で明るいのです。そう明るい陰キャラこそ新条アカネの魅力と言っても良いです。

部屋が汚い学校でのギャップがまた可愛い

『SSSS.GRIDMAN』に登場する新条アカネは学校と自宅での落差が激しく、その面白さも魅力のひとつとなっています。とにかく部屋が汚い! なんと大量のごみ袋が部屋の中に敷き詰められているのです。

こんな部屋は嫌ですが、外で完璧を装っている裏でこういっただらしない生活をしているというギャップは好きです。なんというかだら~んとしてて、まったりゆったりした性格なのがとても良いですね。

新条アカネの生足フェチにはたまらないサービス精神が可愛い

『SSSS.GRIDMAN』の新条アカネといえば家ではだらだらしきった生活をしていますが、足のガードもまたゆるいのが魅力です。家に帰るなり靴下を脱ぎ捨て、生足をご披露するサービスっぷり。

またカメラを気にせず足をばたばたさせて喜んだり、悔しがったりするので、スカート攻略が容易そうなのも魅力ですね。しかしスタッフ側のガードは固く、中身は決して見れないですがそのジレンマが良いです。

楽し気に殺戮を行なう鬼畜っぷり

「担任殺しちゃおっかな~」って思ったのはぶつかっておいて、謝りもしなかったからです。それで怪獣を作っちゃって街を破壊しちゃうもんだから、猛烈に迷惑な性格をしています。

怒りで担任を殺すことに頓着しているかといえば、そうではありません。「ちょっと雑すぎ~!ちゃんと狙って撃ってよ!」とうさばらしのそれ自体を楽しんでいるようでもあります。

さらには「先生ちゃんと死んだかな?まっどっちでもいいけど」などと発言しており、キレてる街を破壊しまくってるわりに、無頓着なところが面白いです。担任を殺そうとする一連の流れだけでこれほどの名言を残しているあたり、流石として言いようがありません。

対応力のある天才

新条アカネは怪獣をデザインしている悪女ですが、ただ適当に作っているわけではありません。部屋には大量の怪獣フィギュアを所持しており、かなり怪獣の特性に熟知しているようです。

それだけではなく、宿敵であるグリッドマンのことをちゃんと見ており、次の怪獣に対応してくる洞察力には凄まじいものがあります。すぐにグリッドマンの放つビームを跳ね返すシールドを適応させるあたり天才です。

協力者アレクシス/カーンデジファーとの違い

 

新条アカネが作り出した怪獣の造詣をアレクシスが本物の怪獣に変身させる。ここまではCGで藤堂武史が怪獣をモデリングしカーンデジファーが電子怪獣として命を与えるのと共通しています。

しかし武史に命令していたカーンデジファーと違い、アレクシスはアカネと協力関係にあるようです。もしくはいまはそう思わせています。口当たりの良いことばかり言うのも、カーンデジファーとの違いです。

アレクシスは何かと嫌な想いをしたアカネに対して慰めの言葉を投げかけています。さらには成功すれば、アカネのことを褒めたりおだてたりするのです。アカネもアレクシスも元ネタとは正反対の性格をしていて面白いです。

新条アカネの下僕にされるアンチが羨ましい

新条アカネの最高傑作といえば、アンチでしょう。怪獣なのに少年の見た目で日常生活を送ることができ、彼を作ったアカネはやはり天才です。そんなアンチに対して、アカネは道具のような態度を取ります。

当のアンチは全然気にしていないみたいですが。機嫌が良い時は足でおさわりしてくれたりと、ご褒美をくれます。失敗すれば八つ当たりでご褒美をくれます。アンチが羨ましいです。

藤堂武史と馬場一平をオマージュしてくれる新条アカネの魅力

新条アカネの魅力といえば、やはり元ネタである『電光超人グリッドマン』のキャラクター、藤堂武史と馬場一平のオマージュを混ぜ込んだキャラクターではないでしょうか。それだけふたりの特性を兼ね備えた悪役女子です。

藤堂武史といえば沸点の低さでしょうね。ゆかちゃんに相手にされなかった、みんなに夢の中で笑われたなど、ほとんど逆恨みともとれるようなくだらない理由ばかりで面白かった藤堂武史。アカネちゃんの沸点の低さも前述の通りですね。さらにアカネちゃんが怪獣製作に使っているカッターナイフは藤堂武史があるエピソードで子供の頃になりたかった自分像の化身を殺そうとする時に使っていたものと同じではないかと話題になっています。

また新条アカネには馬場一平が持つ底抜けの明るさも混ぜ込まれています。「武士は食うわねど高笑い」は一平の代表する言い間違いですが、新条アカネも言っています。さらにスペシャルドッグ関連でふてくされるのも一平のオマージュで、バルタン星人のポーズも一平がしていました。

今世紀アニメ最強の女の子・新条アカネを見守りたい

特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作にしたアニメ『SSSS.GRIDMAN』に登場する女の子、新条アカネは常に魅力全開のキャラクターです。1話ではひっそりとしていた彼女も2話からフルスロットルでファンを魅了し続けています。

制服のカーディガンを着崩すゆるふわ系女子かと思いきや、沸点が低くまたそれを楽しむという欲を抑えつけて生きていかねばならない現代社会人にとってあこがれの存在です。そんな彼女が旧作のオマージュもしてくれるということ愛さないわけにはいきません。

そんな新条アカネが毎回どのような言動をしてくれるのか、楽しみであります。まだ現時点では4話までしか放送されていませんが、これほどまでに心をつかんでくれる女の子キャラはいませんでした。これからもその動向を見守り続けたい最高の女の子です。

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA