インデペンデンス・デイ

引っ越し記事です

<あらすじ>
宇宙センターで衛星アンテナが奇妙な音をキャッチした。報告によると、質量が月の4分の1もある巨大な物体が地球に接近しつつあるという。その正体は異星人の宇宙空母であった。彼らは人類への攻撃を開始し、主要都市は一瞬にして廃墟と化す。絶滅の危機にさらされた人類は、ついに史上最大の作戦を開始する! 

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の公開が控えているということで、前作の『インデペンデンス・デイ』を久しぶりに観ました。最後に観たのはいつだろう。中学生くらい?

監督はハリウッド版『ゴジラ』や『ザ・デイ・アフター・トゥモロウ』などディザスター映画で有名なローランド・エメリッヒ監督。ディーン・デブリンとの共作で脚本を書いています。

謎の電波妨害現象→円盤現れる→カウントダウン開始→主要都市への一斉攻撃が始まる

この流れが最高ですよね。特にビーム兵器一撃で都市が焼け落ちる様は圧巻です。そして人類はエイリアンに反撃するが、向こうも攻撃の余波を開始。追い詰められた人間が反撃を開始する展開は激アツではないでしょうか。

この映画を久しぶりに観てみて嬉しかったのは、ウィル・スミスもジェフ・ゴールドブラムも若いということです。特に続編の『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』にはジェフ・ゴールドブラムが続投するということで、いまからワクワクしています。

それにしても、この映画の公開が1996年なんですね。それを感じさえないほど特殊効果が鮮明でした。三時間近くあるのに、それを感じさせないほど展開が面白いのもこの映画の見どころ。

大統領の演説は胸を打つものがありますが、やりすぎな感も否めません。アメリカが正義のために他の国を引っぱってやんよ、と世界のリーダー面をするのはハリウッド映画のご愛嬌。さすがにジェリー・ブラッカイマーが絡むと……あれ? ジェリー・ブラッカイマーは『インデペンデンス・デイ』には絡んでないのかw

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」予告D

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」予告D

そういえば、ウィル・スミス演じるヒラー大尉役の子供が出るって話ですが、実の息子なのかな? それとも『インデペンデンス・デイ』にも出てた妻の連れ子なのだろうか?

それよりも前作の『インデペンデンス・デイ』 でエイリアンに殺されてた博士が次回作の『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の予告に生きて登場してるんだけど、どうなってるんだ?w

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA