『グレイプニル』第7話感想!インヤンみたいなパテル=マテル登場?

アニメ『グレイプニル』第7話「変形」

インヤンみたいなパテル=マテル

エレナのパーティーが登場していよいよやばさを増した『グレイプニル』の激戦区となる宇宙船が墜落した裏山で、新たな悲劇が起こりそうで出だしからワクワクしたね! ガキのような思考で何をしでかすかわからないスバルが今回の敵で、ようやくヤバい強敵が出て来たという感じですね。

しかしその姿がはっきりと男女とわかるインヤンといった感じ。しかもスバルはオフクロとオヤジって呼んでるからパテル=マテル(本当のパパとママ)なのだろうか。しかも軽々と着ぐるみもろとも中身のケモミミちゃんを圧死させてしまほどヤバいぞこいつは。

死んだ中身と憑依合体?

加賀谷が中身もろとも押しつぶされたことで絶望的になった『グレイプニル』ですけど、手遅れになってからエンジンの動き出す主人公がダークヒーローって感じで好きだなあ。しかしこれはもう永劫融合しちゃったのだろうか。どうせケモミミちゃんは肉片になって死んでるからなあ。でもそうなると多くのキャラの死で主人公が強くなっていく設定になるのだろうか。死の安売りにならなければいいのだが……。

エレナと加賀谷との関係

加賀谷と融合したことにより、ケモミミちゃんには加賀谷の持つエレナの記憶が見えていたようだね。そこではエレナと一緒にいる加賀谷の姿が映っているけど、加賀谷の方はエレナのことを覚えていないとはどういうことなのだろうか。

ひとつは能力を得たときにエレナに関する記憶を加賀谷が失っているパターン。もうひとつは加賀谷がエレナの人格の一部で分離したパターン。最後はエレナの想像上のボーイフレンドを具象化したパターンだね。このあたり加賀谷側についての説明がまったくないから、どういう事実が突きつけられるのかまだわからないので気になりますね。

どうしてスバルが重要なの?

なんかエレナたちはスバルの能力が重要だと言っているけど、戦闘を見る限りただでかくて攻撃力が高いだけに見えるけど。最初に見せた黒くて実体のない無数の腕にその秘密があるのだろうか。

そもそも大きな目的があるってエレナ組は言っているけど、それはコイン100枚と何か関係があるのだろうか。コイン100枚集めたら何が起こるのかも明かされていないし、謎が多すぎて、エレナたちの得体が知れない。というかエレナは加賀谷に執心しているのに目的を優先させている感じがするのが気になる。

『グレイプニル』第7話まとめの感想

制御の利かないヤバい相手になすすべもなく蹂躙されてむごい死に方をする『グレイプニル』だったけど、最後はケモミミの体が元に戻っているのが気になるね。肉片まで滴らせて、肉体が千切れるほどの死に方をしているのに、安易に生き返るは個人的にはやって欲しくなかったなあ。

もっとダークにやるのなら、とことんダークにやって欲しいと思ったのが『プレイプニル』の7話を見た感想でした。あと能力のデザインに統一性がないのも気になったかな。まあ、そこは好き嫌いな部分には当たらないけど。あと融合形態のデザインは好きだった!

 

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA