『ファイナルファンタジーVIIリメイク』プレイ感想Part.2!逃走中の八番街で誰と出会う?

CHAPTER2八番街の出会い

大爆発のあとの逃走劇。ここから電車に乗ってアジトに戻る流れかな。崩れたトンネルに出て来た感じだっけか。旧作は既プレイなのでネタバレ注意です。

知らないかもしれないけど、思ったほどの威力はなかったんだよ。

いや、反アバランチ感情を煽りたいおっさん2人が反応しました。

旧作版からの印象深いセリフだね。『ファイナルファンタジーVIIリメイク』はかなりセリフが変わってるような気がする。それよりキャラの方が変わってるけど。

というわけでトンネルの外へ抜けることになりました。

ぞろぞろ歩いて帰宅感の強い一行だ。それにしも漏電かあ。わざと感電できるのかな?

落盤した。しかもジェシーたちの近くに落ちてるし、危ないw

ドアに爆弾をセットして爆破したけど、連動してトンネルが崩れないかとひやひやw

結構派手に街まで被害出てるなあ。こんなやり方でいいのかと思っています。そしてここできた神羅カンパニーのBGM! アレンジも良さげ。

予想以上なのは神羅が自爆させたから。でもこれって『ファイナルファンタジーVIIリメイク』からのオリジナル要素なんだよね。神羅による陰謀を入れたかったんだろうけど、アバランチの行いによる被害のままにしていたほうが、このあとのバレットの後戻りできないやぶれかぶれな覚悟が活きてくると思うんだけど……こいつら、大丈夫か? っていう感情がね。

バレットも言っている星を守るためにどんどん魔晄炉を爆破するんだ。ってセリフ。やっぱ後戻りできないことをしているって自分でもわかっているのかな。でもそれで他人を巻き込んでいるわけだから、絶対的正義って言えないところが『ファイナルファンタジーVII』の面白いところだよね。だから余計に神羅による魔晄炉爆破のほう助はいらないと思うんだ。

ここでバレットは全部背負ってやるって言ってるけど、それは覚悟を決めたウェッジたちだけであって、覚悟もないのに巻き込まれている人たちのことは無視になっているよね。でも星が死んだら、その全員が犠牲になるのもまた事実。

作戦通り全力で逃げる!

全力で逃げる? それが計画通り? もっと詳しいプランを教えてくれないと、無計画に走り回っちゃうことになるよ~~~

旧作版と同じく貨物列車で逃げますよ。っていう計画は走り出す前に行って欲しかった。というかクラウドいないところで、計画の話をおっぱじめるんじゃあないw

家に帰るまでが遠足アジトに帰るまでが作戦。しかし報酬を渡すとは言っていない!

急にジェシーちゃんにトントンされてびっくりした。もう、好き。じゃなくて、お礼に回復のマテリア渡されてマテリアのチュートリアル来た。旧作版はアジト戻ったあとでバレットに聞かれてクラウドが答える方式だったのに。召喚のマテリアはまだなのか……

と思ったらチュートリアル終わった直後にチュートリアルが来て装備できた

救急車がある。そして上のハイウェイはあれ、脱出の時にバイクでぶっ飛ばすハイウェイかな?

モブがいっぱい喋ってるなあ。でも聞き取れないことの方がおおい。

オプションを見てみると、トークログの設定があった。ここにある話者ってのが喋ってるモブ。

なんかモブのキャラデザが洋ゲーっぽ過ぎる。海外に媚びを売りすぎでは?

めっちゃ怪我してる人いるし、街中は戦々恐々だなあ。

車とか建物とかめっちゃ倒壊してる。これ死者出てるでしょ……

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410193705

なぜかコイツだけ話しかけられるモブ。しかもジェシーちゃんが教えてくれた情報だから、それいらないw

崩れた。こんな登場の仕方したから完全に不審人物

橋がめっちゃ崩れたっていうか、人の上に落ちてない?

焼ける建物をみて何かに反応するクラウドの中のジェノバ因子

これは焼け落ちる神羅屋敷だね。

そして燃え盛るニブルヘイム

そして、おっと……ここでセフィロス出して来るのかあw しかも旧作版のCMで使われていたあのシーン。かっこよすぎる。

かと思ったら現実側にもセフィロスがいる。これは幻影か? セフィロスの幻影なのか!?

 

そして何も言わずに去って行く。何がしたかったんだ。幻影だからか? あれを追いかけて行けばいいのかな?

これはニブルヘイムとミッドガルが混ざってるふうに見える。

なんかこっち動きのろのろだし、探索してるからあっちこっちふらふらでまっすぐ進んでいないのにセフィロスの背中に追いつく。誘ってるのかってくらいゆっくり歩くねw

追いついた。クラウドがセフィロスを殺したことはここでバラしちゃんだ。

そういえばアバランチがどうして星が死ぬという事実に至ったのか知らないけど、セフィロスが言うなら確実だろうね。

クラウドの故郷のことを口にしているけど、あそこが消えてセフィロスも悲しむってこと? そもそもセフィロスってこの星を滅ぼそうとしているんじゃなかったっけ?

あれ? セフィロスがクラウドの母親を直接手にかけたっていう表現いままであったっけ?

これは煽ってますね。完全に感情を逆なでにしようとしてますわ。

それなのに手伝ってくれって……

走れって、その誘いに乗ってはいけない。クラウドが突っ走ると良くない方向に走るんだから。無意識のうちにセフィロスを手伝ってしまうんだ。それがセフィロスの狙いなんだから。

消えた……相変わらずセフィロスかっこいいけど、ここで出てくる演出はちょっとしつこいし不気味ですよね。初めての人にはわけわかんないんじゃないかな。まだセフィロスが英雄だったってことも語られてないもんね。入りはそこからだったよね?

仕方がないので移動。建物の屋上では様子を見に来た人々が絶望しています。

こっちに来ると被害は少なくなっているね。

くそう。そっち側にまだ広い探索ポイントがあったけど、神羅兵がいっぱいで行けなかった;;

市長は神羅ビルに幽閉されて、雑用だけさせられてるんじゃないっけ? 市長自体が無能じゃなくて、何もさせてもらえないんだよね、確か。

あ、エアリスだ。何かに襲われている新しい演出が加わってるけど、これなに?w

またセフィロスかあ。ここからストーリーが加筆されてるから、良い方向に転ぶのか悪い方向に転ぶのかわからないのが怖いなあ。あと思い出いじられているような感覚もするw セフィロスをいっぱい見るクラウドはこの時点ですでに不安定になってるよね。旧作版だとその片鱗をみせるのはもっとずっと後なんだけど。

クラウドのセフィロス発作を治してしまうエアリスの顔のカットイン。天使か!

これ旧作版だとお花買ってじゃなかったっけ? で買うか買わないかの選択肢によって好感度が上がるとかないのか。攻略ないのか。ユフィ攻略できないのか。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410202835

と思ったら選択肢きた。そして思わずいくらだを選んでしまったけど、ユフィ攻略目指すなら断っておくべきだったなあ。

旧作版もタダだっけ? 10ギルだった記憶があるけど。

そして花言葉が再会。意味深すぎるぞ。というかあざとい

幽霊出てくるわ、神羅兵でてくるわ、ごちゃごちゃしてきたw 

なんかエアリスは幽霊引き連れてひとりで逃げて行ったけど大丈夫かなあ? あれってセトラの民の能力に魅かれてきてるのかな?

そしてこのシーン。旧作版に戻ってきましたね。このまま倒しつつ貨物列車まで逃げ切ろう!

神羅兵の包囲網をかいくぐれ!

あっち側はすごい人数の兵士がいるなあ。でも目的にあのあたりだよね? 怖いw

かいひぎりのマテリア。便利だけど、穴が少ない。クラウドにはいかずちって決めてるから、ファイアと交換しておこ。

広場での戦闘。噴水が壊れた。んで、敵がわらわら出る。こっち探索ルートかと思ってたから、広場に居続ける限り敵が際限なく湧いてくるようになってるのではないかと心配したよ。

アイアンバングルにマテリア穴開いていたよかった。てっきり『ファイナルファンタジーVIIリメイク』では武器にしかマテリア穴ないのかと思ったよ。

一生懸命に撃ってくるなあ。ようし、このまま屋上から逃げよう。旧作版よりも逃走ルート長いねw

おっとあそこ線路でしょ。あそこから飛び降りるんだね。ということはこのまま進もうとすると神羅兵の群れが出てきて取り囲まれるわけだ。はは~ん。

と思ったけど、この線路沿いがそれっぽいなあ。

ほら、トラックで来られちゃあおしまいだね。

うしろからも。これは囲まれた。ということは線路から電車に飛び乗って逃げるしかないなあ。

と思ったらまずは戦うみたい。そしてまさかの隊長登場通常攻撃は必ず弾かれる。だけど通常攻撃しないとATBのたまりが襲い。どうやらブレイブモードのガードは自動的にカウンターしてくれるから、それでATB貯めて倒しました。

あと初めてサボテンダーを召喚したから、その雄姿を見て!

電車が来た!

飛びます飛びます!

では、さらばだ。

ぶらり途中下車はできないの旅

場面変わって列車のなかへ。このウェッジのセリフ覚えてる。旧作版でも言ってたね。

クラウドの身体能力を評価してくれるビッグス。

クラウドにぜひ来てほしいジェシーちゃん。ちょっと下心入ってません?

ダイナミックなご乗車、まことにありがとうございます。

バレット心配してたんだ。かわいいとこあるよね。

なんか旧作版はこのへんの会話に遅刻って単語が入らなかったっけ? こう治安維持部隊をかき回してやったぜみたいなドヤ顔はしてなかった気がする。

見えない敵についての言及は『ファイナルファンタジーVIIリメイク』で初めて言及されたよね。このへんの会話は確実に追加だよね。

ローブを着たかあ。イレズミのあるセフィロス・コピーじゃないかなとは少し思ったけど、幽霊じゃないし、旧作版では黒マントの男たちって表現じゃなかったっけ?

この列車こんなに混んでたっけ? あとバレットが入ってきたら、みんな前の車両へ前の車両へ逃げる描写があったようなw

え……誘ってる? ちょっとこっちもドキドキしてきた。

なんかアバランチが金目当てで神羅を付け狙ってるって話を神羅社員が言ってたら、バレットが布教活動始めたw 星を救うことが目的なんて触れ回ったら、自分がメンバーだと言ってるようなものなのにねw

ついに来ましたおそらく『ファイナルファンタジーVII』最初のビッグイベント。ジェシーちゃんとラブラブ電子案内板鑑賞! 旧作版よりもグラフィックの技術は格段に上がってるけど、グリッド線の描写は同じなのね。

消費モンスターってセリフは追加された部分かな。旧作版では言ってなかったよね。でもいままで魔晄のエネルギーに頼ってきたやつを急になくせと言われてもこまっちゃうよね。代替エネルギーがあればいいんだけど。

 

きたきたIDスキャニング。このシーンは旧作版の時もいつプレイしててもドキドキだったなあ。

偽装IDのおかげで感知されずにすんだけど、IDスキャンを潜り抜けるために前の車両、前の車両へ逃げるのは次回の時だっけ?

腐ったピザというのはプレートのことだね。これのせいで大地から空が奪われた

スラムの経済が行き届いていないのはこうした大地の荒廃のためなのかな。そもそもプレートを作らなくちゃいけなかったのは魔晄エネルギーを吸い取ってるせいで大地が枯れていったせいで、そのことを神羅の幹部は知ってるってことだよね。

『ファイナルファンタジーVIIリメイク』Chapter2をプレイしてみたまとめの感想

ということで『ファイナルファンタジーVIIリメイク』Chapter2八番街の出会いが終了!この出会いというのがエアリスのことかと思いきや、セフィロスの方が先に出てくるという。果たしてあのセフィロスはクラウドが見たただの幻影なのか。

それとも約束の地から思念波を送ってる? とにかくオリジナル要素の追加が多い脱出劇だったよ。旧作版だとさらっと終わってたからね。リメイクはかなり増し増しになっていた。

増し増しといえば女性陣の積極ぶりよ。ジェシーちゃんもエアリスも初対面のクラウドにすごい距離を詰めるじゃん。ジェシーちゃん旧作版でも可愛かったけどさらに可愛くなってるし、エアリスはそのあざとさに磨きがかかったのでは? 次回ようやくティファに会えるから楽しみ!

Enemy Report

擲弾兵

鎮圧兵

通常攻撃を良く弾いてくる盾の神羅兵。他の敵でATBを貯めつつ、手榴弾ファイアで倒していたちょっと面倒な相手。

部隊長ゴンガ

鎮圧兵はたまに通常攻撃が通るけど、こいつは100%弾いてくるね。でもブレイブモードでガードしてると自動カウンターしてくれるので、それでATB稼いでファイア撃ってた。

つづく

その他のお知らせ

ブログランキング

    にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ    

製品情報

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA