『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』Check-1感想!作者の筒井康隆氏がカメオ出演?

Check-1 来た、見た、買った

筒井康隆が1970年代に書いていた推理小説を現代風にアレンジした作品。富豪が事件をバンバン解決していく作品だということだけ事前情報を見て知っています。なんか主人公っぽい刑事は元一課でちょっと煙たがられているのかな。

これ微妙にギャグ入ってるのかな。宝石強盗をしたいカップルがチョコレート店襲撃したり、主人公の相棒が熟女マニアでペイント弾撃たれたのを勘違いして告白しようとするなど。

アブラ首長国の王から車10億で買うってどんだけお金持ってるのw そして回収されるタイトルの「 Balance:UNLIMITED」。バランスって預金残高のことだったのね。あと作者が自分の声で出演してる。

主人公も富豪のほうも違う方向で型破りな感じでいくのかな。富豪はおそらく跳ね上げ橋で爆弾の仕掛けられたトラックを落とすことを見越して、エンジンを改造された車を買い上げたんだよね。

そして主人公は運転している女の子を助けるために動いている車を伝ってトラックに取り付く型破りな正義を貫く堅物の刑事。

 

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA