映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で地球最大の決戦

期待以上の映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

予想以上に激しかった映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。地球の終わり感が凄かったですね。ゴジラモスララドンキングギドラが出るということで『三大怪獣 地球最大の決戦』や『怪獣総進撃』を期待していたけど、期待通りでした!

ゴジラ映画としても素晴らしかった。モスラランドン、そしてキングギドラが登場することはもちろんのこと、それぞれの背景がオリジナルに敬意を払っていて良かったよおおお。良かった。

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は『三大怪獣 地球最大の決戦』だ!

ゴジラモスララドンキングギドラが登場するといえば、『三大怪獣 地球最大の決戦』ですね。キングギドラの初登場作品でもあります。この後もこの4体が大暴れする映画は多く出てきますが、宇宙へ行ったりゴジラの息子が出てきたりと、やはり「地球最大の」が原点となっています。

ゴジラ

いわずもがな。我らが主人公にしてヒーロー! でかい。とにかくでかい。ちょっと顔がゴリラぽいのが気になりますな。日本のゴジラのように直立ではなく、ちょっと前かがみなのはローランド・エメリッヒ版に対する配慮なのだろうか。人間の味方にもなるし敵にもなるというところは平成版ゴジラのコンセプトを受け継いでいるような気がします。

モスラ

劇中で始めて登場した怪獣がモスラ。もちろん幼虫。そして幼虫のデザインは……もうちょっとオリジナルを意識しても良かったのでは? と思った。なんか害虫っぽいデザインなんですよね。あと、スターシップトゥルーパーズに出てきそうとか思った。

成虫はずっとぴかぴかしてた。あとやっぱり肢が凶悪そうだった。しかしモスラゴジラの関係性が気になりますね。なんかモスラひとりだけ霊体っぽいというか、神々しいというか、もっと活躍が見たいと思った。単発映画きますね!

ラドン

ラドンは英語だとなぜかRODANだった。台詞でもロダンって言ってたし、ラドンって禁句なのだろうか? 火山の中にいたというのもなんともラドンっぽい。あと岩っぽい。空中回転で戦闘機を叩き落とすという知能をみせてくれた。あとファイヤーラドンがちょっと入ってるね。

キングギドラ

ゴジラ永遠のライバル。まあこいつもでかい。なんだか三つ首がそれぞれに意思を持って、他の首にちょっかいをかける表現が動物的だった。宇宙からやってきたという設定も日本のキングギドラ設定を踏まえてて良いですよね。

その他の怪獣

なにやら17体もいるらしいです。数体ほど目覚めましたが、全部オリジナルっぽいね。ムートーもいた。あのマンモスのような原人のような怪獣はなんだろう? クモンガっぽいのも出てたけど、あれは前回の「コング」で髑髏島に生息していた蜘蛛の怪物っぽいしなあ。

※※※ここからはネタバレあり※※※

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』今回の裏で暗躍する人々枠について

日本のゴジラで怪獣たちがいきなり暴れ出すと、その背景には必ずと言って良いほどX星人が現れます。映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で怪獣を操ろうとしていたのは環境テロリストの面々。迷惑ですよねえ。地球温暖化を道具に使っており、現在の世相としては使いやすいアイテムなのでしょうか。

彼らが言うには地球温暖化が人間のせいで、その他の環境汚染により地球が壊れちゃうから怪獣で浄化してやるよ! とのこと。いまさらこの設定はベタ過ぎると思いますが、「地球最大の決戦」のようにSF要素の強い映画ではなく、映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を現実社会の中に溶け込ませようという気概は面白いです。

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』モンスターバースの後続映画たちに期待!

エンドクレジットでは「ゴジラVSキングコング」へ向けて断片的な情報が多く登場しましたね。キングコングとの対決は預言されていた! キングコングだけでも単発が3つもある。そのうちのひとつが『キングコング: 髑髏島の巨神 』なわけだけど、原題は「コング」だけなんだよなあ。まだキングではない。そして3部作の最後を飾る映画の原題が『キングコング』(ちなみに2作目は『コング リターンズ』)になっている。これはどうしてくれる!? 

ラドン』も『モスラ』も単発で出てくるのは嬉しい。そしてなぜだか『大怪獣バラン』まで映画化予定。これは映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の劇中でも語られていた17体のうちの1体なのだろうか、バラン結構好きなので楽しみです!

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA