映画『デス・ウィッシュ』経緯を丁寧に描いた復讐劇

ブルース・ウィリス主演の復讐映画『デス・ウィッシュ』

 ブルース・ウィリス主演のアクション映画ということで期待した観た映画『デス・ウィッシュ』ですが、可もなく不可もなくといったところでしょうか。映画としての作りは丁寧に描かれていたと思います。

背景を丁寧に書かれた模範的脚本

愛する妻を殺された男の復讐劇ということで、主人公の背景にある家庭がこれでもかというくらい丁寧に描かれていますね。娘が大学に受かって明るい未来が待っている描写や、妻がどれほどできた妻なのかがひつこいほど長く描写されていますが、そこまで丁寧にしなくても、読み解ける気がしますが。なんか描写されている部分がほんとうに他愛もなさしぎました。

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA