『神之塔 -Tower of God-』13話(最終話)感想!怪しい声で話す大塚芳忠はやっぱり怪しかった?

『神之塔 -Tower of God-』13話(最終話)

ついに本性を現したラヘルはヨルを突き落としちゃいましたね。いやあ、いいですね。自分の目的以外何も見えていないというか、自分だけが塔の上に行けさえすればいいんだっていうクズっぷりが清々しいwww

そして「なんでもしますから」と管理人の足にすがる様子はなんだか欲しい物のために身を売る女みたに卑しくて、そんな貪欲なところが良いキャラしてますよね。そして周りを犠牲にしてまで塔を登る理由が星のように輝きたいだなんて……w 一瞬「は?」ってなりますよね。

ラヘルの言動や過去についての考察

あまり語られなかった回想シーンから見るに、ラヘルは底辺のようなところでひとりすす汚れたような人生を送っていたようですね。だから星のように輝きたいという願望もわからなくはない、と。そしてヨルが現れたことにより、自分より目下の人間を世話してやることで少しでも自分の存在を輝かせていたのが過去のヨルとラヘルの関係かな。ヨルはそれをラヘルの完全な善意と好意と受け取ってしまったのが悲劇の始まりじゃないかと。ヨルはラヘルにラヘルは輝くことに固執してしまっている感じだよね。

何もかも捨てて「自分が塔の最上階へ至るんだ!」と意気込んだラヘルに突き付けられる残酷な現実。塔を登る資格神の水(ビール)を操る強大な力もそして仲間運も欲しかった物すべてを独り占めにしたヨルと何も手に入れていない自分に憤りを感じヨルが憎くなっちゃったんでしょうね。というか絶対ヨルと一緒に行った方が塔の最上階に辿り着ける気がするのにw

『神之塔 -Tower of God-』最終話感想

そしてヨルを殺せば資格を与えるとかラヘルに裏で約束しちゃう管理人。そもそもラヘルの愚行ってこいつが原因じゃないかwww やっぱり怪しい声で話す大塚芳忠はやっぱり怪しかった?

それにしても右にいるロリっ子ってどこから湧いて出てきたんだろう?w 終盤になって急にって感じだったよね。

そしてまだヨルはラヘルに固執してるようだけどもっと良いヒロイン候補はいっぱいいるよ! こんなにも泣いてくれるアナクや、作中で誰ひとり殺していない虐殺ちゃん(エンドロシ)、それからご褒美をたくさんくれるユリ姫とか。好きな女子キャラ並べてみたら、これ全員ザハードの姫だよね。

第1期の最終話で塔を登る試験が終わったわけだが、試験に受かった仲間たちとなんか裏ルートで塔に入ったヨルと一体どっちの試験をしていたのでしょうね。そして本当のヒロインは誰なのか、第2期が断然気になる終わりかたでした。

 

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA