『神之塔 -Tower of God-』第9話感想!どうしてそうなった?

『神之塔 -Tower of God-』第9話「片角の鬼」

今回の『神之塔 -Tower of God-』第9話は2人の人間の行動とその理由についてが議題になりそう。エンドロシが勝つために他の仲間を蹴落とそうとしていたのは最初の殺戮ちゃんのイメージだけど、ただノックダウンさせて殺さないのは丸くなったなあ。というか残忍キャラの期待させておいて、実は良い人だったという新てな詐欺ですよね。残忍詐欺。

ただし塔へ登るために他人を蹴落とすという考えは最初のイメージ通りかな。それを主人公に押しつけようとしているのはやっぱり基本は良い人なのか。アナクちゃんのことは仲悪いけど仲間と認めているようだし。もうちょっとツンツンしてくれてると嬉しいけど。

エンドロシの行動については納得がいくけど、ホーの行動は『Zガンダム』第1話のカミーユの行動くらいわけわからなかったぞ。どうしても塔の上に行きたいからラヘルを人質に取るのはわかる。でも殺しちゃったら、生き帰してもらうために何がなんでも塔の頂上を目指すんじゃないの?

あとホーの過去も何者かに一族が蹂躙され自分ひとりが生き残ったのはわかるんだけど、その一族の扱いとその後の展開がどうもわからない。そして急に自殺する理由も。まあ、あんなことをしちゃった手前、それを阻止されて目標も達成できないなんていたたまれなくなったのかな。あと塔の頂上へ辿り着いて一族を生き返らしえてもらうという目標が潰えたのも理由なんだろうけど、安易な自殺はちょっと好みじゃないかな。

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA