趣味全開テレビアニメ見聞録:『魔術師オーフェンはぐれ旅』1話古いノリがちゃんとして見える!?

『魔術師オーフェンはぐれ旅』1話感想:昔のライトノベル作品は今よりもちゃんと作品してる!

魔術師オーフェン」といえば25年も前に始まったライトノベル作品。現在のライトノベル作品では異世界転生ものとか流行っていますが、こちらは純然たるハイファンタジーですね。それだけでジャンルとして趣味前回見聞録の評価としては優位に立っています。

魔術師オーフェンはぐれ旅』の中にもキャラクター同士のやりとりについてはライトノベルや漫画特有の軽いノリというのがありました。それがちょっと90年代特有のノリであることもありますが、特筆すべきは現代のライトノベル作品にみられるコミカルよりちゃんとしているように感じられるということです。

このちゃんとしているという言葉には人それぞれの意味合いがありますが、なんというかそのコミカルさがわざとらしくないという感じがします。そのわざとらしさという点で趣味前回見聞録なりに分析してみました。

変な語尾でキャラクターを書き分けていない

物語を作る上で良く言われているのが、キャラクターの書き分けをしろということ。その上で念頭に置くのはセリフだけで誰しゃべっているのかわかるようにしろ。そしていまのラノベ界では不自然で変な語尾をキャラクターに言わせてセリフを書き分けているという手法です。

1話で出て来たキャラの中には不自然な語尾を使っているキャラクターはいなかったように感じます。魔術師ものということで、魔紋が出てくるのが綺麗ですね。言霊はちょっと古い感じがしますが、どんな魔術が出てくるのかこれからが楽しみです。

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA