2019年春期アニメ第1話感想『川柳少女』編

口下手で川柳でしか会話できない雪白七々子が所属する文芸部(主な活動は川柳)の仲間たちと織りなすドタバタコメディですが、15分という短い枠もあって4コマならではのテンポが表現されてて面白かったです。

毒島エイジの天然ぶりはほとんどポンコツに近いですが、七々子はエイジのことが好きなのでそれをゲラゲラ笑って見ているところが可愛いです。部長のキャラも結構ぶっとんでいるので、アニメで活躍が楽しみでいます。他の個性的なキャラたちが登場するのも待ち遠しい!

 

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA