IT イット “それ”が見えたら、終わり。

引っ越し記事

良く海外映画の邦題に原題+映画の説明を日本語で付け加えるの良く見るけど、自分は好きではありません。何が問題かっていうと、副題でいちいち映画の内容を説明するのって潔くない。含みの美学っていうのかな、映画が持つ複数の意味合いを単語ひとつで表すのがかっこいいのではないかと思うのです。

なんか大喜利とかで、答えを出したあとにどういうことか説明を付け加える芸人くらい潔くない感じがしました。あと語呂的にかっこ悪くない?「それが見えたら、終わり」ってw あと劇中に出てくるそれは子供が一番怖がる姿で現れて、怖がった子供を食べる設定なので、怖がらないと手出しできないんですよね。だから、見えても終わりじゃないんです実は……。

45aff60b9c4ed765ebfe0c9771d0884e63c28f9b57

映画の内容は概ね満足でした。とくに登場人物の描写は面白く、それぞれが抱えている問題や、主人公たちの友情と結束が丁寧に描かれています。さすがはホラー版『スタンド・バイ・ミー』と言われるくらいです。

ピエロに関してはなんかハンサムすぎて、怖くはなかったです。目はイケメンだし、口もとはキュートだし、喋り方もなんかマスコット的だし。そういう意味ではテレビ版(ティム・カリー)のブサイクでおぞましい顔と、おどけた喋り方のギャップを持つペニー・ワイズの方が怖かった気がする。

演出も怖がらせようとしている感じで、自分にしっくりこなかった。ペニーワイズの動きも狙いすぎてて、怪物感が強く、心の底からぞっとするような感じではなかったかな。

だたし、得体の知れない怖いものに立ち向かっていくという緊迫感があって面白かった。ホラーというよりはモンスターパニックよりの演出かな。いつどこからペニー・ワイズが出てくるのかわからないところもよかった。怖がるっていうよりも、ドキドキしに観に行く感じの映画だった。

rongui6coinm2-6401

さらにここでキングファンとして言っておかなければならないのが、亀についてです。原作『IT』では主人公たちの守護者として登場し、ペニー・ワイズ側と対立する善なる存在として描かれています。来年のお正月に公開が決まっている同じスティーブン・キング原作の『ダーク・タワー』にもビームを守る守護者のひとりとして登場します。

そういった意味で本作『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』を観るときは亀のマチューリンに対する言及について注目して観ていたのです。映画でははっきりと言及されていたわけではないですが、劇中でシンボリックに現れたり、観切れたりしていました。自分が見つけたシーンは以下です。

①子供たちが川で飛び込んで遊んでいるときに、「何かが足に触ったぞ」「きっと亀じゃないか」という会話で登場。

②ビルがジョージーの部屋で手に取ったおもちゃが亀の形をしたレゴだった。

③ビルがリッチーを説得したゲームセンターの壁に張られたポスターに亀が描かれていた。

この3つでした。他に見つけた方がいればご報告を(笑)。

ということで『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』を観ていて一番興奮したシーンがこれでしたね。あとはベヴァリー・マーシュが妙に色っぽかったり、ベン・ハンスコムがテレビ版より子供っぽく見えただけかな。

さて今回の映画で前半部分ですでに気づいたことがありました。これ、子供時代のストーリーが描ける尺しかないんじゃない? です。案の定、子供時代にペニー・ワイズに打ち勝つところで終わっています。

しかしまた「それ」が戻ってきたら、自分たちもデリーの町に戻ってあいつをもう一度やっつけようという誓いをし、ガラス片で手に傷を入れるシーンまで流れていました。そしてなにより、エンドタイトルの「It Chapter One」の文字!

これは大人になってデリーの町に戻り、「それ」と対決する続編が期待できます。その前に『ダーク・タワー』の公開が控えており、『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』とどうつなげているのか気になるところです。

はたまた繋がりなど、ないのか!? いまから待ち遠しいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イット【Blu-ray】 [ ハリー・アンダーソン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/11/9時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

It(1) (文春文庫) [ スティーヴン・キング ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/11/9時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

It(2) (文春文庫) [ スティーヴン・キング ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/11/9時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

It(3) (文春文庫) [ スティーヴン・キング ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/11/9時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

It(4) (文春文庫) [ スティーヴン・キング ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/11/9時点)

 

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA