M-1グランプリ2018で趣味全開見聞録

M-1グランプリ2018

敗者復活戦も終わり、いよいよ決戦が近づきます。知ってる人も知らない人もどんなネタになるか楽しみです。個人的には「ゆにばーす」か「かまいたち」が優勝すれば面白いのではないかと思っています。

敗者復活枠

M-1グランプリ2018 敗者復活戦.ミキ 2018年12月2日

M-1グランプリ2018 敗者復活戦.ミキ 2018年12月2日

趣味全開的にいえば、「たくろう」が一番面白かったです。しかし5位でしたね。しかし中間発表では上位3組に食いこんでいたので、大健闘です。趣味全開的に来年は「たくろう」の活躍に注目したいと思います。

復活枠に選ばれたのは「ミキ」でした。趣味全開的にいえば、「ミキ」は平均点よりもちょっと上の面白さかなあという感じです。ただ敗者復活のネタはこれまで観て来た「ミキ」のネタの中では一番面白かったので納得。

ファーストラウンド

見取り図

しゃべくりスタイルの漫才で、結婚相手欲しいからの紹介する女の子の特徴がボケになっている構成かと思いきや、そこにだけ焦点を合わせずにボケやツッコミにズレが生じる感覚が新しかった。

ボケに対してツッコミで新しいフレーズを生み出しているだけでなく、受け流されたボケがあとにやってくる伏線が用意されていたのも面白かったです。マルコ牧師が普通に実在する人の例えかと思えば、違うというギャグになっているのが一番のポイントかな。

問題視されてた前半が古いという点ですが、既存の良くあるパターンを組み立ててみせてから、それを少しずつ崩してみせるという形は”挑戦”してるという感じがして、趣味全開的には好きでした。

スーパーマラドーナ

体格の良いボケとひょろっとしたボケのミスマッチ感が面白いコンビだと思います。犯罪者とその獲物という構図から、実は獲物の方がやばいんじゃないかという逆流が面白い構成でした。

ボケの田中があの見た目だから、奇行をすると余計異質に見えるのが良かった。あとあの見た目だから、すごいばんばって動いてる感じがある。ただ獲物の方が実はヤバいんじゃない感が最初が好調で、最期のほうにそのヤバさが消えて言ってるのがおしかったかな。

かまいたち

ひとつのことに執着してこじらせてる感じ一本にボケを絞ってる感じで成功しているのが面白い漫才でした。なんというかボケも山内もしつこすぎて面白い。こういう道理が通じない人間をやらせたら、やっぱり山内は上手いですね。定期的に強いボケを持ってくるのも良かったし、濱家がくってかかることでネタ自体も盛り上がっていて良かった。

ジャルジャル

ジャルジャルはリアルにあるものをちょっと架空の感じにしたネタが多いと思う。今回は「国名わけっこ」という遊びで福徳が途中まで言った国名を後藤が続きから最後まで言うというネタ一本。

これをリズムとテンポと語感だけで笑わせてくるのが凄い。しかも同じ国名だけで、様々な語感を生み出して、その語感がことごとく面白い。意味のない語感の連続で、何が面白いかわからないのに笑っています麻痺感で感覚が変になる変なお薬みたいなネタだった。

ジャルジャルは個人的に好きだけど、ネタの構成やら流れの持って行き方などで、色々挑戦的なネタばっかり持ってくるので、ショーレース向きではないのだけれど、面白いです。

ギャロップ

ギャロップといえば、トレンディーエンジェルが出てくる前にハゲネタをやっていたことくらいしか覚えていない。たしか毛利のほうがイキってると、『やりすぎコージー』でネタにされてたような。

林のキャラクターをずっとネタにしてる感じが、昔ながらの漫才って感じで安定感がありました。なんだかだんだん林が瀬戸わんやに見えてきました。

ゆにばーす

趣味全開的に優勝してほしいコンビ。ただM-1で優勝したら川瀬名人は引退するつもりらしいので、優勝してほしくない気もします。基本的に反発しあってる感じのコンビ感だけど、たまに同調する時が面白い。

川瀬名人の回しと、ツッコミ時の言葉づかいが趣味全開的にお気に入りポイントです。カップルに間違えられてSNSにあげられたというネタを随所に思い出したように取り入れたのも良かったです。

ミキ

昴生の声の出し方が昭和っぽくて良いですよね。ツッコミという点では反発が強いのが亜生が兄のジャニーズ事務所への履歴書を勝手に送ったと言うネタ一本で兄いじりに徹したネタが良かったです。

いままでに観て来たのは、他のネタを小道具に持ってきていたので、シンプルな兄いじりは新鮮に見えました。まだボケてないのに怒ったようなツッコミしてて、それがボケの役割を果たしていた掴みが成功していたと思います。

トム・ブラウン

完全に初見のコンビです。つかみですごい失敗してた気がする。ネタの入りも少し観客を置いてけぼりにしていた感があるけど、中島みゆき押しで強引に笑いに持って行けてたかな。あと肌の血色が同じ感じだね。

ネタの構成はほとんどあったもんじゃなくて、行き当たりばったりな感じがしたので、趣味全開的には好みじゃなかったかな。ただ加藤一二三が土の中から出てくるネタは観てみたかったw

霜降り明星

『今ちゃんの実は』でせいやが一夜漬けの勉強してミス○○をクイズで打ち負かすコーナーは好きです。ただ空手の型みたいなギャグは面白くないからやめたほうがいいと思うw

ネタは豪華客船での旅を題材にせいやがひたすらギャグをやってくというネタ構成なんだけど、数撃ちゃ当たる的になってるのがマイナスでもありプラスだったかな。面白いギャグもあれば、つまらないギャグも点在していたように思えます。あとところどころでツッコミが東京ホテイソンぱくってない?w

和牛

和牛といえばネタはもう決まっていて。理屈屋の水田が独自の理論で様々なことに文句を付けていくというシチュエーションですね。水田の皮肉屋としての面白さが一定の水準を保っているのが強みだけど、それ以上にはならないのが玉に瑕なコンビだと思います。

今回はシチュエーションコントではなく、しゃべりで行ってましたね。ゾンビになったら殺す殺さない基準のずれがこのネタの武器になっていました。その後、最期のコント風のやり取りが大オチになっていたので、勝負ネタにまとめあがっていて良かったです。ただし面白さとしてはいつもの水準だったかな。

趣味全開的トップ3

1位:ジャルジャル

やっぱり語感であれだけ笑わせられるネタが凄かった。意味のある語感と意味のない語感とあるけど、こちらは全く意味のない語感。その語感が怒涛に流れてきて、もはや分析不能の面白さがあった。

2位:かまいたち

かまいたちといえば、やっぱり山内がボケで偏執的な役をやると爆発的に面白い。タイムマシンでポイントカードを作りに戻りたいという一点だけで、ネチネチ責めてそれを単調化させずに、どんどん面白くなっていっていた点が良かった。ツッコミに論点のフィールドを取らせず、自分の領域にどんどん引きずり込んでいくネタ構成も面白かった。

3位:ミキ

亜生の兄いじりが上手いこと作用していたのがネタ的に面白かった。ネタの構成はギャロップと被る点もあったけど、昴生は自虐しつつも反発があったから、それが笑いに繋がっていて、良いネタだと思いました。

決勝戦

ジャルジャル

つかみがそのままネタになる流れは良かったけど、ツッコミの要求をボケがなかなかやってくれないの繰り返しは昔ながらかな。と思ったら、本題に入るフリして後藤と福徳のオレがオレがのアピール合戦が始まった予想を裏切ってくれた。このオレがオレがアピールはクリームかザ・フーのライブを見ているかのようでした。

和牛

ネチっこい水田が母親を罠にかける内容かと思いきや、水田がやってるのは同じ事の繰り返しで、本当は川西の反応とツッコミの言葉の変化を楽しむ内容のネタでした。そこから騙し合いのオチへと転じる構成が良かったです。

霜降り明星

前半も後半もやってることは同じだった気がします。せいやがギャグを繰り返して、それを粗品がツッコミで整える感じ。ただ前半は怒涛にギャグを詰めていったのに対して、後半はギャグのあとのツッコミをしっかり聞かせていたのが唯一の違いかな。

前半と後半の両方に言えることはツッコミありきのネタになっているから、せいやのギャグが弱すぎるのが残念かな。せいやのギャグは相変わらず趣味全開的にはほとんど面白くなかったです。

 

こちらの記事も人気です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA