【Godzilla: King of the Monsters】ゴジラ最新作予告編解禁!

ゴジラ最新作予告編解禁!

Godzilla: King of the Monsters Comic-Con Trailer (2019) | Movieclips Trailers

Godzilla: King of the Monsters Comic-Con Trailer (2019) | Movieclips Trailers

ギャレット版の『ゴジラ』解禁から紆余曲折あり、長いことかかりましたが、ようやく来年の2019年に公開が決定しました。世界の終わり的風景が絶望を誘う予告編でしたね。

そして判明している通り、キングギドラ、ラドン、モスラの姿が確認できます。なんだか亀の赤ちゃんみたいな顔をした怪獣も出てましたが、前作のようにオリジナルでしょうか。気になります。

キングギドラは氷漬けにされてますが、のちの解き放たれた姿も見えました。オリジナルは宇宙怪獣ですが、どんな立ち位置になるのでしょうか。

モスラの姿もちらりと映っています。幼虫形態が出るのかが気になりますね。そして双子も出てくるのだろうか。

ラドンが一番長く予告編内に登場しています。でかいです。我々の記憶にあるラドンの倍以上はありますね。オリジナルのように火山の中から飛び出して、真空波で下方の建造物をあらかた吹き飛ばしています。

予告編の映像だけでもすごいことになってますね。空が燃えあがり、地上は暗闇に覆われ、世界が終わってしまいそうです。そういえばラドン、モスラ、キングギドラといえば、『地球最大の決戦』ですね。公開前にそちらも確認してみようかな。

 

【マーズ・アタック!】火星人襲来のギャグ映画

おバカなアメリカを代表するおバカ映画

 この映画はおバカなのにも関わらず、すごく真剣な雰囲気なのが面白い。それでもなお、おバカなのだ! 無駄に出演者が豪華なのがまたおバカっぽい。ジャック・ニコルソン、ナタリー・ポートマン、ピアース・ブロスナン、それにマイケル・J・フォックスまでもが豪華出演! まだ若かりしころのジャック・ブラックまで出ています。

 この映画は何度も観ていていて、最近ではKABA.ちゃんを見るたびにこの映画を思い出していまいます。おそらく、また観ることになるでしょう。

続きを読む →

【風立ちぬ】零戦が飛んで行く映画

【Dogville】映画の観方を変えてくれた一本

映画人生を変えた一本

『Dogville』という映画に出会ったのは高校生のときです。映画を観終わったとき、こんな映画があっていいのかと思ったのをおぼえています。

 まだ映画経験が浅かった若者にとって、この映画は何もかもが新しいものでした。

 まずmise-en-sceneが現実の風景ではなく、舞台のようになっているということです。ロケーションは床も壁も黒いスタジオのような部屋で行われています。物語の舞台はアメリカの人里離れた村なのですが、建物はチョークで線を引いただけというもの。役者たちはないドアを開けて出入りします。犬までも線で描かれただけのものなのです。

 そしてこの映画の一番のウリは救いのないラストでしょう。この映画は全体を通して批判的な映画です。排他的人間の他人に対する身勝手で悪意ある振る舞いを見せつけてやろういう製作者側の心意気すら感じるのです。

 

続きを読む →

【イレイザーヘッド】鬼才映画監督のシュールレアリズム

何度でも観てしまう不思議映画

どうしてだか何度も観てしまう。そんな映画が誰にだってあるはず。自分にとってはこの『イレイザーヘッド』です。

その理由は……意味がわからないからです。(それがエネルギー)

意味がわからないから、「この映画の意味は何だろう?」と頭の中にはてなを浮かべて観てしまうわけです。そして結局、意味がわからないまま終わってしまいます。

続きを読む →